面接時のアピールポイント

飲食店に転職する時の面接時のアピールポイント

飲食店に転職する場合、まずは自分の興味がある分野、自分の経歴を生かす事が出来る分野を選ぶ事になります。すぐに辞めてしまうのは採用してくれた方にも迷惑になってしまうので、長く働く事を前提として仕事探しをしましょう。
色々と求人情報を探していると、これだ、ここなら働きたい、働いても良いという所が見つかるはずです。見つけたらまずはそのお店の求人情報を見て、さらに募集要項を見て応募する事になります。

無事応募する事が出来れば、次に待っているのが面接です。面接では名前や経歴などごく当たり前の事が聞かれます。ただ、新卒の場合はまだ良く分かっていないという風に思って貰えるので、即戦力として働いてもらうという事は採用先の方もあまり期待していません。しかし転職の場合は話は別で、働き始めたらすぐに即戦力として働いてくれる人を求めています。

したがって、研修期間が設けられている場合もありますが、その場合でも比較的短期間ですぐに現場に出るというのが一般的です。その為、面接のときは転職の人に関してはどれだけ働く事が出来るかという事がアピールポイントとなります。まずは今まで飲食店で働着てきた事がある人は、どういう仕事を経験してきたのか、さらにどういう事なら出来るかという事を伝えます。そこでの内容によって転職の成功率がぐっと変わると言っても過言ではないので、実際には面接の前にアピールポイントをまとめておく事が重要です。

また、全く別の分野から飲食店に転職しようとしている人は、今までの経験が今後の仕事にどう生かす事が出来そうかと言う事を伝えるのも良いでしょう。自分を採用する事によってそのお店が得る事が出来るメリットをうまく伝える事が重要です。相手から採用したいと思う人物になる事が、転職をする上ではとても重要と言えます。さらに未経験の場合は今後はどうするつもりかと言う事もしっかりと伝えておくと良いでしょう。そこで働く上で使う事が出来る資格を取得する予定がある人は、その点についても上手にアピールしておく必要があります。

面接は自分について相手に理解してもらう為の絶好の機会です。しかしそれに費やす事が出来る時間はとても短く、人によっては言いたい事を全く言えなかったと感じてしまう事も少なくありません。そうなってしまうのはとても勿体ない事なので、転職をする場合は事前にアピールポイントをまとめておくと良いでしょう。またその場合は色々な質問内容に備えて、様々なパターンを考えておく事も重要です。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.