有利になる経験とは

飲食店への転職で有利になる経験とは

飲食店に転職する際には当然ながら履歴書の提出や面接を行っていくことになります。そこでは飲食店と個人が互いに話し合いながら交渉をしていくことになるのですが、そこで重要になるのが「経験」です。この点はまず間違いなく確認されることになりますし、もし履歴書に他の飲食店で働いたことがあると記載していたのであればそこでどういった仕事をしていたのかということを聞かれることになるでしょう。

また異業種からの転職であってもそこで何を学んできたのか、何をしてきたのかということは確認される可能性が高いわけですから、事前にどうこたえるかを考えていなくてはなりません。さて、では飲食店への転職において有利とされる経験としてはどういったものがあるのでしょうか。ここでまず間違いなく好まれることになるのが「他の店舗での調理・接客」です。

飲食店は数多くあるとはいえ、その基本となる構図はあまり変わりません。店に勤める従業員はお客様の注文を聞いた後で飲食物を厨房で作り、それを提供した代価として金銭を得るのです。その基本部分を理解しているというのであれば、これから転職してきても教育の手間が省けるため大変好まれるのです。次いで同様に好まれる可能性が高いのが「マネジメント経験」です。

もちろん同業のマネジメントをした実績があるという方が好まれる可能性は高いですが、異業種であっても事業を運営してきたということは非常に価値ある経験となります。上に立つものの真理を理解し、そして指示を受ける一般従業員をコントロールする技術を有している人材は非常に貴重なものです。これは特に店長候補、料理長候補といったような求人においてはかなり重要なものになります。

また飲食店は接客業の最たるものですから、転職前の職業で接客の経験があるなどの場合にはホールスタッフとして歓迎してもらえる可能性が高くなるでしょう。とはいえ、こうした情報はあくまでも採用を決めるための情報の一つにしかすぎません。例えばこれまで一流レストランで料理長として職務にあたりつつマネジメントも行ってきたというような人材は料理人として最高の期待が持てますが、もし実

際の面接で横柄な態度を取っていたのであれば採用の価値は無いと判断されてしまうことでしょう。逆にどれだけ知識・技術が未熟であったとしても人柄が良く、教育していくに値すると判断されたのであれば料理長の欠員募集など相応の知識と技術が必須になるような場合を除いて採用してもらえる可能性が高くなります。この情報は重要なものではありますが、それで全てが決まるとして考えることはできないことを理解しましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.