面接でアピールすべきポイント

飲食店への転職を考えている人が面接でアピールすべきポイント

現職から転職を考えている人の中には、飲食店での勤務を考えている方も多いと思います。飲食店に転職する際、正社員であればアルバイトとは違った部分をアピールしなければなりません。では飲食店に転職を考えている場合は面接でどういったところをアピールすればいいのでしょうか。

飲食店では主に2種類の業務があります。キッチンとホールですね。では飲食店での転職の際、正社員としてそれぞれに求められる点はどういった部分でしょうか。
まずキッチンでは、いかに美味しく早く料理を作ることができ、美しく盛り付けられるかが重要視されます。料理が美味しくても調理に時間がかかったり、早く作っても見た目が美しくなかったりしては意味がないですよね。正社員にはアルバイト以上のスキルが求められます。早く一人前になるために練習なども欠かせないでしょう。また、新メニューの開発などにも関わる際には提案力も必要となってきます。

なのでキッチンでの勤務を希望する際には、自分がいかに向上心を持っているのか、いかに提案能力があるのかをアピールすることが大切になってきます。そして次にホールの場合ですが、ホールではいかにお客様に気持ち良くお店で食事を楽しんでいただくか、サービス精神の高さが重要視されます。それだけでなく、よりスピーディーかつ完璧に業務をこなすことも大切になってきますね。

よく飲食店で勤務するアルバイトが、正社員に対して使えないなどと言っている姿を見かけると思いますが、正社員であれば本来そんなことがあってはいけません。お客様が喜んでくださるような接客と、アルバイトから頼ってもらえるようなスピーディーで完璧な作業が必要です。ホールでの勤務を希望する際には、自分のサービス精神がいかに高いのか、そしていかにスピーディーで完璧に業務をこなすことができるのかアピールするのがポイントになってきます。

そして正社員となれば、ポジションに関係なく後々は店の経営を任されることもあります。やはり企業側も長期的に勤務してくれ、さらに向上心のある人物を採用したいと考えているところがほとんどです、なので、将来的には店の経営などにも関わりたいなどの向上心を面接の際に見せることも重要なポイントとなるでしょう。この時、過去に経営を経験したことがあったり、お金関係に強いなどのスキルがあればそれも一緒に伝えた方がより好印象になります。

このように、飲食店に転職する際にはアルバイトに比べ、高度な心構えや向上心などが重要となってきます。
面接の際には、そういった内容に注意してみるといいかもしれません。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.